ドル円は小高い。対ユーロを中心としたドル高がサポートとなったほか、時間外の米10年債利回りが上昇していることも支えに106.27円と本日高値を付けた。ただ、106.30円から107.50円まで売りオーダーが目立つなどドル円の戻りを狙う向きも多いことから、こなしながらの展開となっているため、動き自体は緩やか。