為替相場全体の鈍い動きが続いているものの、米長期金利の低下や米株のさえない動きを眺めながら、ドル円は106.06円までわずかに安値を更新した。