ドル円は下げ幅を拡大。米中関係悪化などを嫌気した売りが先行すると、5月6−7日の両日に支えられた105.99円を割り込んでストップロスを誘発。一時105.91円と3月17日以来の安値を付けた。