ドル円は頭が重い。ダウ平均が一時590ドル超下落するとリスク回避の円買い・ドル売りがじわりと強まった。サポートとして意識されていた昨年11月24日の高値115.52円や一目均衡表転換線の115.51円、4日の安値115.29円を下抜けたことでテクニカル的な売りも出やすく、一時115.12円まで値を下げた。