ドル円は、日米株価指数の上昇にも関わらず、月末の本邦輸出企業のドル売りやリバランスのドル売り観測などで105.30円まで下落。105.20円にはドル買いオーダー、105.15円割れにはストップロスが控えている。