ドル円は戻りが鈍い。朝方から急ピッチで値を下げた反動でいったんは115円台を回復する場面があったものの、その後はダウ先物の400ドル超安や米長期金利の低下などを手掛かりに再び上値が重くなった。12時前には114.64円まで本日安値を更新した。