ドル円は下値が堅い。クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長が「12月FOMCでテーパリングのペースについて議論することが適切となる可能性」と発言したことを受けて、一時114.07円付近まで強含んだ。