ドル円は弱含み。前週末高値の110.59円手前で上値の重さを確認すると売りが強まり、早朝につけた安値の110.38円に面合わせした。市場では「月末を控えて国内輸出企業からの売りが観測された」との指摘があった。