ドル円は105円台半ばで値動きが鈍った。安倍首相辞任を受けた円買いの流れは一服し、23時6分時点では105.42円で推移している。なお、8月米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)は51.2と予想の52.0を下回った一方、8月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)確報値は74.1と予想の72.8を上回るなど、強弱入り混じる内容だった。