ドル円は伸び悩み。米長期金利の指標である米10年債利回りが一時1.6860%前後まで上昇したことを受けて、全般ドル買いが先行。前日の高値109.08円を上抜けて一時109.22円まで上値を伸ばした。ただ、一目均衡表基準線が位置する109.23円がレジスタンスとして意識されるとやや上値が重くなった。3月米住宅販売保留指数が予…