ドル円は下値が堅い。週明け早朝取引では小安く始まったものの、その後は109.30円まで下値を切り上げた。目先は前週末高値の109.37円が上値の目処として意識されるか注目される。