ドル円は下げ渋り。一時104.04円まで下落する場面があったが、節目の104.00円手前では売りも一服した。市場では「下値で本邦実需勢からの買いが観測された」との指摘もあった。11時20分時点では104.13円付近で推移している。