ドル円は下げ渋った。0時過ぎに一時105.00円と日通し安値を付けたものの、節目の105.00円に観測されているオプション絡みの買いに下値を支えられると下げ幅を縮めた。一時は200ドル超下落したダウ平均が上げに転じたことも相場の支援材料。1時22分時点では105.12円付近で推移している。