ドル円は下げ渋った。22時前に一時113.59円と日通し安値を付けたものの、売り一巡後は買い戻しが優勢に。時間外のダウ先物が下げ幅を縮小し、ナスダック先物が強含んでいることなども相場を下支えした。22時50分時点では113.85円付近で推移している。 なお、市場では「一目均衡表転換線と基準線が重なる113.85円を週末の…