ドル円は下げ幅を拡大。12月米消費者物価指数(CPI)発表後の地合いの弱さが継続し、一目均衡表基準線が位置する114.75円を下抜けて一時114.54円まで値を下げた。