ドル円は下げ幅を拡大。前日と同様に、NY勢が加わる時間帯に入ると全般ドル売りが優勢に。前日の安値109.96円や一目均衡表転換線109.85円を下抜けて一時109.70円まで下げ足を速めた。