ドル円は上値が重い。一時105.91円まで上昇したが、時間外の米長期金利が小幅に低下するとつれて105.77円まで押し戻された。