ドル円はさえない。時間外の米10年債利回りが低下した影響を受けたほか、日経平均株価が340円超安まで下げ幅を拡大したことも重しとなった。クロス円の下落とともに一時115.00円まで下押しした。