ドル円はさえない。市場では「本邦実需勢からの売りが散見されている」との指摘もあり、一時105.14円まで値を下げた。一方、対円などでドル売りが進んだ影響から、ユーロドルは1.1826ドルまで強含んだ。