ドル円は、昨日の105.55円までの下落を経て、105.50円以下に残存した買いオーダーが以降も支えとなるか見定める局面となる。同水準および105.48円にオプション(OP)が観測されているほか、105.40円の買いが厚みを増しており、下値の堅さにつながるか。 一方、戻り局面では下支えとなっていた105.95円の本日NYカットOPが…