原油や天然ガス先物が弱含み、米長期金利も低下するなかでドル買い意欲は後退。ドル円は111.30円を割り込み111.23円まで下値を広げた。時間外のNY原油先物は76ドル前半、米10年債利回りは1.51%後半で推移している。