110円後半で底堅さを示したドル円は111.10円までじり高。日米株価指数の下げが一服し、時間外の米10年債利回りは小幅ながら上昇に転じている。