ドル円は米10年債利回りが1.31%台まで上昇していることもあり、小幅に買い戻しが優勢で1時5分時点で109.40円近辺で推移。もっとも、好結果だった9月の米ニューヨーク連銀製造業景気指数発表後の戻り高値109.43円前後を上抜けることができていない。