ドル円は上値が重く106.78円までじり安になっている。 ただし今週に入り21日に106.69円、22日に106.70円で下値は支えられ、ここから下の水準はそれなりに買いオーダーも観測されていることで、下げの勢いは緩やか。 なお米株式市場は主要3指数ともに下げ幅を拡大し、ダウ平均は400ドル弱、ナスダック総合は2.4%近く下…