ドル円は米中関係悪化などを嫌気した売り地合いが継続され、一時106.00円まで弱含んでいる。この下は5月6-7日の両日に支えられた105.99円を割り込めるかが注目される。