米10年債利回りは1.28%まで低下するなど、米長期金利の動きに連れてドル円はじり安なっている。23時35分時点でドル円は105.87円前後、ユーロ円は127.51円まで下値を広げている。 昨日の米金利上昇もドル円の反応が一番大きかったが、本日も同様に他通貨は反応薄だがドル円は米金利低下に反応している。