ドル円は一時12月10日以来となる104.22円まで上昇したが、その後は複数回上値をトライするものの上げ渋っている。欧州勢参入後も104.10円台で動きは鈍いまま。