ドル円は複数のオプション(OP)が置かれた104.00円が重く感じられる。強い押し下げ効果のあるOPではないもよう。だが、戻しても同節目付近で動意が停滞しやすいだろう。 戻りの鈍さを嫌気して、直近の押し目18日安値103.65円をやや下回る103.60円に置かれた買い観測水準まで反落余地を埋めにいくことになるか。同水準割…