3月の米ISM製造業景気指数が64.7となり、市場予想の61.3を上回ったことで、ドル円は発表前の110.65円前後から110.74円付近までわずかながら上昇した。ただし、米10年債利回りは1.69%台で推移し、本日は低下傾向にある米金利の動きが上値を抑えている。