前週分の米新規失業保険申請件数が市場予想よりも増加したこともあり、指標発表後米10年債利回りは1.26%台まで低下している。この動きに連れ、ドル円は小幅に売られ、21時32分時点で110.12円前後で推移している。