ドル円は、多くのオプション(OP)設定が観測されるレンジで振幅している。105.25円の18日NYカットOP付近が目先の下支えとなる水準。一方、17日NYカットの105.48円・同18日の105.50円OPが上値を重くしている。