ドル円は106円付近で戻りが重いものの、106円の節目付近から下に複数のオプションが控えているほか、買いオーダーが並んでおり、下値を探る動きの加速を緩和しそう。 一方、上値は売りとストップロスの買いが混在する106.30-40円レンジを攻めきれないが、厚かった106.40円の売りは少し規模を縮小したもよう。先週末と比…