ドル円は、本日ここまでのレンジ上限をやや上回る110円超えで発動するストップロスの買いが観測されている。昨日高値110.28円のやや上110.30円から売りが羅列しているものの、110.30円超えにはストップ買いがあるため、米長期金利の動向次第ではストップ狙いの意識が高まる可能性がある。