ドル円は105.50円に観測される大きめなオプション(OP)が下押しを抑制するか見定める局面にある。 一方、上値も106.25円OPが動きを抑えそう。昨日高値106.20円を超えたところで発動するストップロスの買いが見えるものの、上昇は限られるか。