欧州の新型コロナウイルス感染再拡大を受けたロックダウン導入で、市場がリスクオフの債券買い(金利低下)に動いている。欧州金利の低下に連れて、時間外の米10年債利回りが1.55%台まで低下したことで、ドル円は113.90円まで一時弱含んだ。一巡後はやや買い戻され、18時48分時点では114.05円付近での値動き。