ドル円は、軟調なアジア株を反映したネガティブな要因が背景だが、リスク回避のドル買いを支援に、本日NYカットのオプション(OP)が観測される105.00円の節目を上回った。 日銀の金融政策据え置き発表後、特段の目立った動意はない。ここからは105.25円のOPや105.30円に置かれた売りオーダーが重しか。