8日午前の東京市場でドル・円は106円20銭台で推移。日経平均は84円高で推移しているが、株高は特に意識されていないようだ。本日発表された4-6月期国内総生産(GDP)改定値は市場予想をわずかに上回ったが、リスク選好的な取引拡大につながる数字ではないとの見方が多いようだ。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円…