10日午前の東京市場でドル・円は105円10銭台で推移。日経平均は一時440円高まで買われたが、上げ幅は縮小している。新型コロナウイルスのワクチン開発進展を好感した株高の影響でドル・円相場は円安方向に振れているが、ポジション調整的なドル買いは一巡しつつあるとの見方が多いようだ。 ここまでの取引レンジは、ドル…