3日午前の東京市場でドル・円は106円20銭台で推移。日経平均は290円高で推移しており、株高持続を意識してドル売り・円買いは縮小している。具体的なドル売り材料が提供さえない場合、ドル・円は106円台を堅持する可能性が高いとみられていう。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円14銭から106円26銭、ユーロ・ドル…