1月4日午前の東京市場でドル・円は、103円10銭台で推移。日経平均は小幅安で推移しており、株安をやや意識してリスク選好的な為替取引は増えていないようだ。米国の政治不安は消え去っていないため、ドルは103円台半ば近辺で伸び悩む状態がしばらく続くとみられている。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円11銭から…