16日午前の東京市場でドル・円は105円30銭台で推移。日経平均は小幅安で推移しており、有力な手掛かり材料が追加されない場合、ドル・円は105円台前半でもみ合う状態が続く可能性がある。なお、米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合結果と声明内容を確認する必要があるとの声も聞かれており、アジア市場における主要通貨の…