8日午前の東京市場でドル・円は109円20銭台で推移。本日発表された1-3月期国内総生産(GDP)改定値は市場予想を上回ったが、4-6月期もマイナス成長となる可能性が高いとみられており、リスク選好的なドル買い・円売りがただちに増える可能性は低いとみられる。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円21銭から109円29…