14日午後の東京市場でドル・円は小幅に値を下げ、106円付近での推移。時間外取引の米株式先物は買い優勢となり、アジアの株式市場をけん引。リスク選好ムードでドル売りに振れやすく、主要通貨が対ドルで底堅い値動きに。ただ、ドル・円は下押し圧力の一方で円売りが観測され、下値は堅そうだ。 ここまでの取引レンジは…