20日午前の東京市場でドル・円は103円80銭台で推移。日経平均は147円安で推移しており、株価指数は3日続落の可能性があるが、下げ幅はやや縮小している。そのため、株安を意識したドル売りは一巡しつつある。リスク選好的な取引は引き続き抑制されているが、アジア市場でドル・円が103円台前半まで下落する可能性は低いと…