11日午後の東京市場でドル・円は112円60銭台と、高値圏での推移が続く。日経平均株価などアジアの主要指数は堅調地合いを維持し、リスク選好の円売りに振れやすい。一方、原油高を背景に資源国通貨は上昇基調となり、クロス円をけん引している。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円15銭から112円72銭、ユーロ・円は…