28日午後の東京市場でドル・円は105円60銭台を維持し、高値圏でのもみ合いが続く。ユーロ・ドルの下げ渋りでドルの押し上げ圧力は弱まったが、米10年債利回りの上昇基調が続きドルは下げづらい。一方、日経平均株価は小幅安で、円売りは抑制されているようだ。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円22銭から105円65…