27日午前の東京市場でドル・円は弱含み。4連休明けの東京市場は106円台で寄り付いたが、前週末の海外市場でのドル売りが続き105円台に下落。その後もドル売りは止まらず、正午にかけて105円50銭台に値を下げた。また、日経平均株価の弱含みで、円売りは後退しているもよう。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円55…