4日午後の東京市場でドル・円は110円20銭台と、底堅い値動きを維持。米ダウ先物は値を戻す展開となり、ドルは売りづらい。また、ユーロの下落基調も、ドル売りを弱める要因に。一方、日経平均株価は下げ渋っており、一段の円買いは抑制されているようだ。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円14銭から110円33銭、ユ…