18日午後の東京市場でドル・円は104円10銭を挟んだ値動きが続く。日経平均株価は前日比200円安の軟調地合いだが、足元の急上昇による調整とみられ日本株安を受けた円買いは限定的。一方、米10年債利回りは先安観もあり、ドルの一段安が警戒される。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円04銭から104円21銭、ユーロ・…