9日午後の東京市場でドル・円は105円80銭台と、変わらずの値動き。日経平均株価は前日比80円安と弱含むものの、上海総合指数は大幅高となりリスク選好の円売りを誘発。また、時間外取引の米株式先物も堅調地合いを維持しており、円売りを支援しているようだ。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円81銭から106円04銭…